コラム

多可町八千代区の土地の相続税評価額

2015.12.09 [ 多可町 , 相続税 ]


相続発生時、土地の評価額がいくらになるかは、実は自分で調べることが出来ます。
今回は「敬老の日発祥の地」多可町八千代区編です。
相続を考えるうえで、ご自身の土地の相続税評価額を計算してみてくださいね!


【多可町八千代区の土地の相続税評価額】
相続が発生した際、申告が必要かどうかを知るためには、まず相続した財産の相続税評価額を知る必要があります。
相続税法では一部の財産について特別な評価方法を定めており、その他の財産は「時価」によるとしています。
今回は特別な評価方法を行う財産のうち、「多可郡多可町八千代区の土地」の評価方法について説明したいと思います。

「土地」の評価方法には、「路線価方式」と「倍率方式」の二つがあります。
「多可町の土地」に関しては全域が「倍率方式」での評価方法となっています。
これは土地の固定資産税評価額に一定の割合を乗じて評価する方法です。
ここでいう一定の割合というのは、平成27年の場合以下のようになります。
*この倍率は国税庁が毎年その年分の倍率を公表しており、年によって変動があります。

【多可町八千代区の宅地】
全ての土地で固定資産税評価額(※1)×1.1

【多可町八千代区の田の場合】
固定資産税評価額(※1)×3.0?5.3の枠内となっています。
大屋の純農地で3.8、仕出原の純農地で3.5、大和の純農地で3.6
などです。
なお純農地、中間農地で評価額が異なりますのでご注意ください。

komi.jpg

※仕出原入口の看板。見どころ沢山です。

【多可町八千代区の畑、山林、原野】
以下のサイトよりご確認下さい!
http://www.rosenka.nta.go.jp/main_h27/osaka/hyogo/ratios/html/g44110rf.htm


※1固定資産税土地家屋課税明細書か土地・家屋名寄帳に記載があります

※2以下のサイトで詳細をご確認ください
http://www.rosenka.nta.go.jp/main_h27/osaka/hyogo/ratios/html/g44110rf.htm


※この評価は平成27年に相続が発生した際の他、平成27年に行った贈与に関して
も適用されます。

新着記事