コラム

『超入門』所得税!最強の節税「青色65万円」

税金を減らすためには、売上を減らすか経費を増やすしかありません。
経費を増やすということは、手元のお金も無くなるということです。

しかし、日本の税法では僅かながら「お金を払うことなく経費を増やす」
方法があります。それが『青色申告』です。
今回は青色申告の特典のうち、「10万円控除と65万円控除」にスポットをあてます。

【白色と青色の違い】
所得税の申告書には「青色」と「白色」があります。
きちんと税金の計算をする人は「青色申告」、ざっくりの人は
「白色申告」。青色は手間がかかる、白色は楽。
その代わり青色の人は税金を抑えるいくつかの特典が受けられます、
というのが当初の趣旨でした。
ちなみに現在、法改正により白色申告を行う際にも手間が増えたことにより、
白色申告によるメリットはほぼなくなりました。
個人事業者の方でまだ白色申告の方は、是非青色に変更して下さい!

【10万円控除と65万円控除】
青色申告の適用を受ける事業者はその年の所得から10万円もしくは
65万円を控除することが出来ます。誰でも1円も支出することなく最大65万円の
経費を生み出せるようなものなので、最強の節税方法と言えるでしょう

では10万円と65万円の違いはなんでしょうか。
一言でいうと「家計簿レベルの経理をするか、簿記3級レベルの経理をするか」です。
「簿記3級レベルの経理」とは主に下記3点のことをさします。

1、複式簿記による記帳
2、貸借対照表の作成
3、発生主義による記帳

次回から上記3点について詳しく書いていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

新着記事